阿比野建設株式会社

会社案内

働きやすい環境づくり

職場風土改革仕事と育児・介護両立支援の取組について

平成20年7月に、当社は厚生労働省所轄の財団法人21世紀職業団兵庫事務所長より『職場風土改革促進事業実施事業主』として指定を受けました。また、当社は『職業家庭両立推進者』を選任し、『次世代育成支援対策推進法』に基づいて『一般事業主行動計画』を策定し、兵庫県労働局へ届出をしています。これらにより、仕事と家庭の両立を支援するための環境の整備を図っていくとともに、職場風土改革に取組んでまいります。

職場風土改革の活動成果

  1. 両立支援推進グループを発足し、幅広く支援制度の周知を図ってきました。
  2. 管理者へは、従業員の仕事と家庭の両立に配慮する必要性について、研修を行ってきました。
  3. 従業員へリフレッシュ休暇を利用、また半日有給休暇を取入れて、取得日数が増加しています。
  4. 育児・介護相談窓口を設置し、社内報で設置の周知を図っています。
  5. 職場における女性の活躍状況をボジティブアクションで幅広く紹介できました。
  6. 職場環境改善により、女性従業員が増加しています。

職場環境を改善し、子育てと仕事の両立支援をサポートしていきます。

子育てサポートイメージ

阿比野建設株式会社(本社:兵庫県姫路市/代表取締役社長:阿比野 剛)は『次世代育成支援対策推進法』に基づく2010・2013年事業主認定として、兵庫労働局より認定を受け、認定マーク『くるみん』を習得しました。今回の認定を契機に、2015年4月以降についても、新たな行動計画を策定し、引き続き一層の充実を目指していきます。次世代を担う子供たちそして社員一人ひとりの未来のために今後もこうした取組を進めていきます。

主な取り組み
画像

当社の行動計画のテーマは、『子育て中の社員が、仕事と子育てを両立できる職場環境を作ることにより、社員がその能力を十分に発揮できること』です。

次に2015年4月以降の行動計画を紹介いたします。

第Ⅳ期計画期間:2015年4月~2018年3月までの3年間
  1. 男性の育児休業取得者を2人以上とする。 啓蒙活動の積極的推進、社内報への掲載、社内掲示、該当者へのPR、管理者研修での実施
  2. 年次有給休暇の取得率を55%以上とする。
    1. ① リフレッシュ休暇取得の推進:工事施工従業員の休暇取得推進
    2. ② 年次有給休暇取得の啓蒙

働きやすく秩序ある職場風土作りと社会との健全な関係の維持。

社【基本方針】にある、社会に必要な『信頼される企業』・夢と喜びのある『やりがいのある企業』として、社員が経営の基盤であることを認識し、さらなる向上に努めていきます。

基本人権をはじめ、人権に係る各種擁護法を順守し、健康的な職場風土をつくります。成長を通して社会に貢献し社会との健全な関係維持に努めます。社内におけるセクハラ、パワハラ、暴力行為など人権を侵す行為は一切許しません。就業規則をはじめとする社内ルールを理解し、それに従って行動していきます。

ページトップへ